遂に始まりました新企画、「汝、ボケを述べよ。」。
「募集期間が短すぎる」という叱咤激励を受け、なんとか強制開催。
優しくも厳しい目で審査をしていただいた管理人を含めた計3人の審査により、
お蔵入りを逃れられるのは果たして誰か?
今後をも左右する最初の第1回放送、いよいよスタート!
夢に向かうはあなた、その舞台は、ブルトン・タワー!


xyz:皆様、こんばんは☆
  今回、この企画の司会進行を担当する事になりました、xyzです。
  以後、よろしくお願いします!
  それでは、今回投稿していただきました管理人を含めました、3人の運命の計量です!

<第1回放送分>

投稿・・・・・3名

審査・・・・・3名
(ただし、自分自身の作品への審査は対象外)

オンエア・・・・・2名


xyz:まずは管理人のつべから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

xyz: HBでした。
(累計得点・・・・・65点/100点)

 

 

xyz:続きまして、ユウさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

xyz:ん、300に届かず、HBでした。
(累計点数・・・・・53点/100点)

 

 

xyz:最後は、おばばさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

xyz:残念、HBでした。
(累計得点・・・・・45点/100点)


xyz:という事で、今回オンエアとなる2人のネタは以下の通りでした!

 

「ペルソナ3(仮)で南条君が登場、次はどんな風に変わっている?」

つべの場合≫
コンタクト「札束攻撃」が加わり、いやらしくなっている。
364HB/545HB

 

ユウさんの場合≫
K−1のTシャツ姿で登場。格闘界でもNo.1を目指し始めている。

296HB/545HB

 

xyz:この結果、残念ながらおばばさんのネタはお蔵入りになりました。
次回の投稿もお待ちしております!


xyz:という事で、新企画「汝、ボケを述べよ。」の第1回は終了しました。
  今回の企画が続く為に必要なのは、
  管理人の継続力、全国のメガテニスト、
  そして、PCの前にいる、あなた達です!!

 

 

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット